大船渡市「桜」標本木開花予想 2019

今年もこの時期がやってきました!2019 勝手に桜開花予想!!

大船渡市の桜(ソメイヨシノ)の標本木が、体育センター脇にあり、2011.3.11の東日本大震災時には、この標本木も津波の被害を受け、塩害が心配されておりますが、毎年たくさんの桜を咲かせてくれています。 標本木のサクラは、硬い殻を破り、着々と開花に向け準備をしているようです!

民間気象会社のウェザーニューズとウェザーマップ、日本気象協会の3事業者が出した、桜の開花と満開の予想と合わせながら、みなさんも一緒に開花予想をしてみてはいかがでしょうか?

今年の標本木の桜の開花はいつになることでしょう・・・。

ちなみに、「桜の開花」はどのように決めているのか知っていますか? サクラの開花は、あらかじめ「標本木」に指定されたサクラを見て調べます。

大船渡市の場合だと体育センターの脇にある桜の木が標本木になっています。 この標本木に“5~6輪以上”の花が咲いた状態を「開花」と呼んでいるそうです。 大船渡市体育協会のホームページでは随時、担当の都合で勝手に“桜の開花情報”をお伝えし、「開花」した日に「開花宣言」をします。

楽しみにお待ちください。

さてさて、2019 桜の開花予想は・・・。 

4月2日頃かな(勝手な予想です) 昨年は、観測史上最速の3月30日でした。



3/20午前中の様子です。